webサイト翻訳の外国語

より精度の高い活用方法

翻訳サイトを使うと、本当にいいのかどうか悩んでしまいますよね。それを解消するポイントはまず日本語をシンプルにすることです。口語調であったり、専門用語が多いと誤った訳になってしまいます。誤字脱字は論外ですので見直すことがポイントです。さらに、一文を短くすることが重要です。長ければ長いほど訳の分からなく訳になってしまいます。より精度を上げるためには一文を短くした状態で、翻訳をくりかえることが重要です。一文が短くても連続的につなげてしまえば機械は長文と判断してしまいます。確認方法としては、逆に外国語から日本語に直してみることです。結果が意味が分からなければやり直したほうがいいですよ。また、文章をちょっとでも修正することで結果が変わりますのでトライすることに価値があります。

文法を理解することが重要

英語の知識がないまま翻訳ソフトに頼ると正しいかどうか判断できませんよね。最低限文法を学ぶことで正しいかどうかをより正確に判断することができますよ。したがって、翻訳は単語レベルで行ってあとは自分で組み立てるとよいのです。単語の暗記はハードルが高いですし、すべての頭での変換はむつかしいですよね。文法のポイントは主語と述語と目的語の位置関係や場所や日時の位置関係といったシンプルな基本のみで問題ありません。高校1年生の参考書から学ぶことが簡単にできますよ。そして、翻訳後の文章はなるべく短く構成させることでより相手にわかりやすいですし、自分でも読み直しやすいので利便性も増しますよ。翻訳ソフトの精度の影響を受けない方法です。